口座開設が完了するまで



どのような種類の投資においても、まずは自分の投資資金を入れておく口座=アカウントが必要となります。バイナリーオプションやFXなど、インターネットを利用して行える取引に関しても同様ですが、オンライン上で口座開設が可能なため比較的手続きは簡単に行えます。


■口座(取引に必要なアカウント)を開設する

金融商品の選択・個人情報入力は正確に
まずは、興味を持った金融商品について事前によく調べておきましょう。どんな内容なのか、取引に何が必要でどんな条件が課せられているのかなどは最初にチェックしておくべきことです。その後、口座を開設する際に必要な個人情報の入力を行います。氏名、住所、職場会社名、住所、年収など、もちろん業者によって入力を求められる情報は若干異なるかもしれませんが、誤りのないように正確に入力して下さい。


■銀行口座情報を登録

自身が利用している銀行口座の情報を登録する流れとなります。ここで注意しておきたいのが、銀行口座をしっかりと分けておくことです。投資用の口座、家賃や光熱費、通信費が引き落とされる生活で利用している口座、貯蓄のための口座など、別口座にすることで計画的な資金管理ができます。すべて同じ銀行口座にしてしまうと、せっかく投資で利益を上げても収支のバランスがわからなくなり、管理がずさんになってしまいます。

現在日本は超低金利時代、マイナス金利が導入されるとも言われています。今後投資のような資産運用の形をとる人は多くなるのではと見込まれますが、堅実な運用が大切です。アカウント口座を作る際には、普段利用している銀行口座とは別に投資用として準備することをお勧めします。


■写真付き身分証明書

身分証明遺書を用意する必要があります。必ず写真が付いている免許証やパスポートのコピーなどを用意しましょう。オンラインで口座を作ることのできるバイナリーオプションやFX業者の場合なら、電子データとして送信できるためスピーディで便利です。郵送の手間も省けるので審査に進むまでの時間がかかりません。


■審査終了後、口座開設完了

無事に審査が終わると、口座開設の手続きが完了し、実際の取引ができるようになります。
口座が開設されるまでの時間は業者によっても異なりますが、だいたい数日間といったところでしょう。この間、ただじっと待っているだけではなく海外バイナリーオプションの取引について勉強したり、投資資金の入金方法や出金について確認したり、レートの情報を収集して仮想取引をシュミレーションしてみたりしてもよいですね。口座開設が完了すると、実際にデモ口座で取引実体験ができる業者もありますので、利用できるものはうまく活用してみてはいかがでしょうか。